archive
calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

お店を作る時、併用住宅にするなら耐震住宅がオススメですよ。地震はいつくるかわかりませんので、今のうちにしっかりと対策をとっておくことが大切なんです。
信頼できるメーカーといえば人気の昭和住宅ですよね!実績のある会社なのでどんなニーズにも答えてくれるのがありがたいですよね。
家で何かお店をしているなら店舗併用住宅を建ててみませんか?ここなら使いやすい住宅を沢山建てて来たのでぜひ検討してみてください。

憧れのカフェを自分で始めるには、どんな方法があるでしょうか?
一番最初に思いつくのは、もともとあったお店改装してオープンするという方法かもしれません。
お店の改装にはいくつかの利点があります。それは、大きな投資をせずに店を構えられるという点です。また、もともと飲食店だった店舗を利用する際は、内装をいくらか改装するという、最小限の工事で開業ができます。
また、副次的な要素として、環境にも合わせて良いと言えます。

そして、もう一つの手段が店舗併用住宅を利用するというものです。
店舗併用住宅とは、人が住む住居としての区画と、そうではないお店として機能する区画とを分けた住宅物件を指します。
住宅区画と商用区画は、つながっており簡単に行き来が可能となっています。また、店舗の意味合いは大きく捉えられていて、作業所や事務所、倉庫としても機能します。
一番多い区画の分け方としては、1階と2階を区画として分けているパターンです。大抵、1階に商用スペースとして、2階は住居スペースとして機能させるというものです。

元々あるお店を改装して開業するのか、それとも店舗併用住宅にするのかは、選択の余地があります。
店舗併用住宅や、店舗にはそれぞれ長短あるので、それを見てから決めましょう。